候補者に長く勤務してもらうためのヒント

能力のある人材に長く勤務してもらうには

有能な人材の採用はすべてのビジネスにとっての成功の鍵となります。優秀な人材はいつでも不足しているものですが、とりわけニッチな役職については難しく、そうした人材を獲得するには、激しい競争となります。

福利厚生

候補者を引き付ける手段のひとつに、充実した福利厚生があります。たとえば:

  • Medical Insurance(医療保険): 個人が利用できるプライベートの医療保険は、最も代表的な福利厚生の一つであり、被雇用者からも人気が高いものです。
  • Flexible working(柔軟な働き方): フレックス制のほか、自宅勤務、ジョブシェア、パートタイムといった働き方は、被雇用者がワーク/ライフバランスを維持するために役立ちます。
  • Annual leave(有給休暇):  UKでの法律で定められた有給休暇数は28日(バンクホリデー含む)ですが、多くの企業がこれより多くの日数を設定しています。勤務年数が長くなるに応じて、有給休暇を増やしていく企業も多々あります。
  • Stakeholder pension(ステークホルダーペンション): It is compulsory企業が被雇用者に年金を提供することは現在必須となっています。多くの企業は、法律で定められた最低の年金貢献額より多くの貢献額をオファーしています。
  • Transport(交通費): 1年分の公共交通機関での定期代ををローンにすることもよく見られます。
  • Gym membership(ジムのメンバーシップ): 従業員が健康であることは生産性を高めることにもつながります。就業時間の前後、あるいはランチタイム等に行けるように、ジムと提携している企業もあります。
  • Childcare(育児手当): 働く親のために、オンサイトの託児所や、時間にフレキシブルな働き方を用意している企業もあります。
  • Social Activities(親睦行事) – 多くの企業は、業務時間外にイベントを設けており、こうしたイベントによってよりよいチームワークができるよう期待しています。こうしたイベントは、何も毎回パブに行くといった必要はないのです!ボーリングや観劇、スポーツなど、大きな組織であれば、チームとしてスポーツイベントに参加するなども考えられるでしょう。
  • Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任) – 最近の傾向として、企業の倫理的な価値や、CSRプログラムに魅力を感じる人材が増えてきています。チャリティ活動、従業員のローカルコミュニティやチャリティ活動のサポートなどがその一部となります。
  • Learning and Development Opportunities(学習サポート): 従業員にとって、個人/仕事を向上させる機会を与えられることは、仕事の満足度と直結します。定期的なアプレイザル(査定)を持つことで、従業員はパフォーマンスに対する評価を得、キャリアを発展させるための機会や、今後向上させたいと思っているスキルのサポートについて話し合うことができるでしょう。またトレーニングのコースを受けることで、授業員は新しいことを学ぶと同時に、自分が価値あるものと感じることができます。継続して学び向上できる環境を作っていくことで、従業員に役立つのと同時に企業の評判を高めることができます。
  • その他の手当て: 会社のブランドや役職がいかに素晴らしいものであったとしても、候補者は小さなものであっても手当を喜ぶものですし、もしかするとその小さな違いが他社との違いを生むかもしれません。たとえば、カジュアルフライデー、カンパニーランチ、定期的なアクティビティ、誕生日休暇制度などです。あるいは、他の国のオフィスで仕事をする機会があるなども考慮してもいいのかもしれません。いずれにしても、こうした制度があることを、面接時等で候補者に知ってもらうことが大事です!